スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お知らせ

2012.01.25.16:47

こんにちは~
寒い日が続きますね
今年は例年に比べて寒い冬なんだとか
東京でも積雪が観測され
春はまだまだ、ずーっと先ですね(当たり前か

今日は寒さが吹き飛ぶ
ホットなイベントの開催が決定いたしましたので
皆様にお知らせです

まずは・・・
ジャズライブ裏面

ギャラリーしんとみでジャズライブを開催します

日時:2月17日(金) 開場18:30 開演19:00~
入場料 中学生以上 1500円


このイベントが決まったのは
ついこの間で、ある方とのご縁がきっかけでした
あれよあれよという間に話が進み
開催の運びとなりました

熱い演奏をするのは
「パリャーソ with フレンズ」

メンバーを紹介します

ピアノ:谷川 賢作
ハーモニカ:続木 力
ヴォーカル:さが ゆき
パーカッション:山村 誠一

4人でのライブは4年ぶりで
しかも、4人揃っての演奏は南九州限定
そんなメンバーが
新富町に来るなんて
その中でもギャラリーに来るなんて
嬉しいですね

ジャズを軸に置きつつ
ポップスから童謡、ボサノバ、ラテンなど
様々な音楽を奏でます

ジャズが好きな方は勿論のこと
苦手な方もきっと盛り上がること間違いナシ

チケット・パンフレット、お問合せは
ギャラリーしんとみまで

たくさんのご来場お待ちしています


つづきまして
座論梅

座論梅をテーマとした
絵画・写真コンテストを開催します

新富町のシンボル「湯之宮座論梅」
国指定の天然記念物です
一本の株から横に伸び
地に根付いて新しい株となり
大きくなりました

この座論梅を題材とした写真・絵画を募集します

応募点数は一人3点まで
申込締め切りは3月10日となっています

出展された作品は
3月13日(火)~25日(日)の間、ギャラリーしんとみに展示します

コンテストの詳細を明記したものを
ギャラリーに置いていますので
ぜひ、ご覧になってください

作品の応募先、お問合せはギャラリーしんとみまで

皆様のご応募お待ちしています


この2つのイベントで
寒い冬を乗り切りましょう
スポンサーサイト

ふくろう工房と仲間展

2012.01.22.14:16

クマタカクマタカ
フクロウフクロウ
トキトキ
キンケイキンケイ

山の神、森の神の遣い達の声が

「おはよう」
「こんにちは」
「おやすみ・・・」

耳元で囁くように 話しかけるように
静寂にこだまする

それは、まるで
壮大なシンフォニーを奏でるオーケストラ


神々の国 日本では
古(いにしえ)から鳥が神の遣いとして
崇められ 大事にされてきました

古事記・日本書紀には
雁、鷺
カワセミカワセミ
キジキジ

雀などが登場します

中でも神武東征の際、道先案内として
神武天皇の元へ遣わされた “やた烏”は有名ですね

この烏、現在は皆さんご存知の
日本サッカー協会のシンボルマークとなり
世界に羽ばたいています


さて、前置きが長くなりましたが
ギャラリーしんとみでは 1/17(火)~29(日)まで
高鍋町在住の柳本正雄さんと、そのお仲間である
大津梅生さん・黒岩洋子さん・藤本京子さんによる

「ふくろう工房と仲間展」

を開催中です

バードカービングにより柳本さんの手から生まれる鳥たちは
生き生きとして
今にも動き出しそう

羽毛の一本一本
細かいところまで再現しています


また、彫刻に限らず水彩画やデッサン画も描かれ
鳥だけでなく人物も得意としています

オジロワシオジロワシ
くつろぐ女性くつろぐ女性

ギャラリー内には
器用な手先から作り出された木工作品を筆頭に
多彩な作品がぎっしり詰め込まれています

辰辰の置物
木製ボタン木製ボタン


こちらは、大津梅生さん作の陶器
陶器
コーヒーカップコーヒーカップ

西都市で「アート工房 梅生庵」を主宰されている大津さん
土の風合いが活かされた素朴な作品です

コーヒーカップの他、湯呑み・小鉢・花瓶など
日常使いとして活躍しそうなものが揃っていますよ


装飾かご黒岩洋子さん作
かわいいデコレーションが目を引く装飾かご

タカラジェンヌが楽屋で使う物入れとして
ファンの方が布やレース、造花などで
アレンジしてプレゼントしていたそうです

黒岩さんは退団されたジェンヌさんに教えて頂いて
今は自分流で作られています


水晶2
キラキラと眩い光を放つ水晶
スピリチュアルの世界では
持つ人の身体や心、家などの空間を
浄化してくれるパワーを持つ石です

実はこの水晶
全て国内産で学術的に見ても
価値のあるものなんです

水晶を出展された藤本さんは
華奢な体で崖をよじ登り、命がけで採掘しています
(勿論、採掘には許可を取っています)

ストレス社会と言われている現代
ピュアな水晶の持つ力で癒されませんか?


ブログでは紹介しきれないほど
作品がたくさんありますので、ぜひ足をお運びください

スタッフ一同、ご来場をお待ち申し上げています



ふくろう工房と仲間展 : 平成24年1月17日(火)~1月29日(日)

第7回夢境庵作陶展

2012.01.07.13:04

新年明けましておめでとうございます


本年も ギャラリーしんとみ を宜しくお願い申し上げます
平成24年が皆様にとりまして、良き一年となりますように・・・

早いもので新しい年が始まり、もう一週間が過ぎてしまいました。
年末年始は慌しいせいか、特に時間の流れがあっという間

光陰矢の如し とは
まさにこのことですね。


ギャラリーしんとみ平成24年の幕開けとなります展示は

「第7回 夢境庵作陶展」

新春の展示として定着した作陶展は
今回で7回目を迎えました。

夢境庵の窯があるのは
宮崎と大分の県境になる延岡市北川町

私も一度、お邪魔しましたが自然がいっぱいの
静かなところです。


静寂の中で
あらゆる雑念を捨て
土と向き合い、炎と語らう

そんな土と炎との対話から生まれた作品は
シンプルだけどモダンであり、情熱に溢れ
毎日使っても飽きのこないデザイン

もうお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが
ギャラリーでお出ししているお茶の湯呑みは、夢境庵さんの作品で
来場されるお客様からの問い合わせも少なくありません。

では、今回の作品をご紹介します。
昨年の11月に窯出しされた新作が主となっています。

まずは、ギャラリー入り口正面に置かれた大きな壷
ひときわ存在感を放っています。
壷 壷
床の間に置いたり、花を活けたり
空間に変化をもたらしてくれそうですね。

徳利 徳利と杯
男性の夜のお供 徳利と杯
2合くらい入るでしょうか
こんなステキな酒器だったら、ついつい飲みすぎてしまいそう


日々の食生活を彩る食器も多数展示されています。
鉢 鉢
小鉢 小鉢
大きい鉢は煮物やパスタ、カレーなど
小鉢にはサラダや和え物、デザートなどを入れたり

スープカップ スープカップ
スープカップとしてだけでなく
グラタンなどの焼き物の器にしたり

お茶碗 お茶碗
お茶碗のサイズも様々
お父さんサイズからお子様サイズまであります。

急須 急須
湯のみ 湯呑み
お茶にかかせない急須とお湯のみ
軽くて使うほどに味のある色合いになってきます。

カップ カップ
カップもあります。
自分好みのを探すのも楽しいですね~

この他にも花器や大皿
茶道具の水差しや建水、お茶碗など
多数取り揃えています。


新年を機に器を一つ新しくされてみてはいかがでしょう?
お気に入りを見つけに来られませんか?



第7回 夢境庵作陶展:平成24年1月7日~1月15日
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

ギャラリーしんとみ

Author:ギャラリーしんとみ
ギャラリーしんとみはH17年6月にオープンしました。

この施設は、絵画・書・陶芸・工芸などを広く出品していただき、鑑賞の場・情報交換の場としていただくほか、お茶を飲みながらおしゃべりの出来る休憩所としてもご利用していただきたいと考えております。

現在は町内外の多くの方に出展・ご来場いただいています。


児湯郡新富町富田1丁目15番地

0983-33-0577

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新コメント
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。